お役立ち情報
Useful Information

About SHAIDD55シャイド55とは

シャイド55とはなんですか?

シャーメゾンは静かさも標準仕様です

上階の足音や物の落下音は、ストレスの原因にもなります。
シャーメゾンは、上階からの衝撃音を大幅に抑える
「シャイド55」を標準採用(※1)し、さらに業界最高水準の遮音性能を誇る
「シャイド50」もご用意。
音のストレスを軽減するその高い性能が評価され、すでに15万戸(※2)以上の住戸に採用されています。

※1:テラスタイプや一部商品を除きます。

※2:シャイド55の採用実績158,074戸(2017年7月末時点の
契約済み物件を含む「シャイド55とシャイド50」の採用数)

入居者ニーズ

入居者満足の工場には、「遮音」を高めることが大切です。

積水ハウスは独自の入居者アンケートを実施。
賃貸住宅経営に高い遮音性能が求められていることがわかりました。

不満のトップは遮音問題。なかでも大人の足音など、床から響く音についての不満が多いことがわかります。
現在のお住いに住んでいて、
不満に感じることは何ですか?
あなたのお住まいの周囲からの「騒音」について、具体的にどのような音が気になりますか?

※積水ハウス調べ 2015年9月実施 関東・関西・東海の一般的な賃貸住宅居住者対象

賃貸住宅の各種構造別遮音性能比較(床衝撃音レベル)

数値が小さいほど遮音性能が高くなります。

  • 上図はホームページやカタログ等で一般的に公開されている情報・数値を基に積水ハウスにて作成。(但し「シャイド」については当社現場測定値) ※スラブ厚200mm相当で「直張り防音フロア」または「二重床」とした場合
  • 音の感じ方には個人差があります。
プレミアム仕様
シャイド50

より付加価値の高い賃貸住宅をお考えのオーナーさまに、業界最高水準の遮音性能を誇る「シャイド50」をご用意。特殊床下地工法によって、LL値、LH値ともにRC造のマンションレベルの「50」を実現。上階からの床衝撃音を一般的な鉄骨造の1/3に低減します。※セレクト仕様

標準仕様
シャイド55

賃貸住宅の音環境を画期的に改善し、全国のオーナー様に高く評価されている「シャイド55」。上階からの床衝撃音を一般的な鉄骨造の約1/2に低減する信頼の性能で、すでに10万戸を超える実績を誇ります。また「シャイド55」にプラスすることで軽量床衝撃音を約1/4に低減する「遮音カラーフロア」もご用意しています。※「遮音カラーフロア」はセレクト仕様

特許技術(※)による高い遮音性能

オリジナル特許技術※1の構造により、子供が飛び跳ねた時などの「ドスン」という重量床衝撃音(LH)、食器が落ちたときなどの「コツン」という軽量床衝撃音(LL)の両方に高い遮音性を発揮します。

シェルシャットスラブ
高い剛性の押し出し整形セメント板を基材に採用。環境にも配慮し、リサイクル材を活用した充填剤も振動を吸収します。
防振天井吊り金具
防振ゴムの働きで、階下天井への振動を手耐えにくくします。
遮音カラーフロア
独自のクッション材で軽量床衝撃音を低減。
また程よい固さで歩き心地にも配慮
  • ※1:「ダイナミックダンパーを組み込んだ天井下地」 特許第4306644号、「天井防振吊り金具」 特許第5322569号、「ダイナミックダンパーと天井防振吊り金具の組合せ」 特許第5104764号、「現場加工を削減するダイナミックダンパーの組み込み方法」 特許第5445862号、「床重量と天井下地の防振工法の組合せ方法」 特許第5505199号、「野縁受に組み込むダイナミックダンパー」 意匠登録第1405531号、「シェルシャットスラブの製造方法」特許第5431383号
  • ※2:遮音カラーフロアはセレクト仕様です。

JIS規格に基づき性能を検証

「シャイド」の性能※1は、遮音性能の基準を定めたJIS規格※2に基づく環境で正確な実験を実施し、検証しています。床仕様の違いによる聞こえ方の比較なども行い、確かな性能を実現しています。

  • ※1:「シャイド」の性能値は、JIS(日本工業規格)の測定基準に基づく当社現場測定値で、プラン等によってばらつくことがあり、性能値を保証するものではありません。
  • ※2:JIS A 1418 建築物の床衝撃音遮断性能の測定方法
    JIS A 1419 建築物及び建築部材の遮音性能の評価方法

床衝撃音レベルの測定に用いる
「バングマシン」と「タッピングマシン」

乾式工法ならではの施工メリットデッキスラブなどの「湿式工法」に比べて、「シャイド」には
「乾式工法」ならではの施工メリットがあります。

メリット1 大がかりな工事が不要で
工期を短縮
メリット2 床重量が約半分に抑えられ、
構造躯体への負荷を軽減
メリット3 部分施工可能で、遮音性能の必要な部屋への対応が取りやすい